セントラルフーズグループの新しいビジョン 【 ”食のちから”で世界の子ども達を幸せにする】プレゼンテーションムービーを公開いたしました。

セントラルフーズグループの新しいVision ”食のちから”で世界の子ども達を幸せにする。のプレゼンテーションムービーです。
私たちのふるさと岡山県の王子が岳から瀬戸内海を望み、未来へ向けてセントラルフーズグループ代表秋山裕一が新しいVisionを語ります。 これからのセントラルフーズグループにご期待ください!

セントラルフーズグループの新しいVision 自社グループは、早いもので創立20年目を迎えます。大切なパートナーのお客様に支えられ、クルーも300名になりました。また料理には欠かせない仕入れ業者さまや生産者の方々の協力があってクルーと共に成長発展してきました。
次のステージ、新しい私たちのVisionは“食のちから”で世界の子ども達を幸せにする、です。そして、“食のちから”で100万人と繋がる。という向かう先を決めました。変わらないために変わり続けていく決意でもあります。
“食のちから”で“社会のちから”に変えていきたいという思いです。お客様の数=価値です。自社の商品やサービスはお客様や社会に対して交換価値ができているのか?また、どれだけ良い影響力があるのか?私は沢山の方に求められる会社こそ、影響力のある会社だと思っています。
しかし、私たちもまだまだ発展途上の会社です。学んでいく道のりは長いです。ただ先には私たちが目指すVisionが待っているのです。 岡山を元気に!発展途上の国に学校給食を!自然派給食で子供たちを元気に!世界観を持った人財育成を!私たちは岡山から世界へ、人と人を繋げる役割を担っていきます。

セントラルフーズグループ代表 秋山裕一